やりたいこと別

性格を変えたい

心を築き、ハートを育む、アドラー心理学 性格を変えたい

最初に今の自分の性格を知るための診断をしてみましょう。
アドラー心理学特有の「ライフスタイル診断」にトライしてみてください。

アドラー心理学 「ライフ・スタイル診断」

これは性格診断ではないの?

性格についての診断ですが、いわゆる「性格診断」とは少し違います。

ライフ・スタイルとは何か?」について説明をいたします。

ライフ・スタ イルは、マーケティング用語で「生活様式」と訳され、時代の風潮や社会現象のように捉えられることがありますが、ここで使うライフ・スタイルの意味は個人についてのものです。
その人なりの生き方のスタイル、その人特有の人生のパターンともいうことができます。

普通は「性格」と使われることがありますが、アドラー心理学の根底に流れるものでは性格とあえて対比するかたちで 「ライフ・スタイル」を使います。
「性格」というと、生来のものであり、容易には変えられないニュアンスが強いのに対して、ライフ・スタイルは、 自分の思考・感情・行動のパターン(スタイル)を総称したもので、本人の意識的な努力で変えることができる、と考えています。

アドラー心理学の創始者、アルフレッド・アドラーは、「性格はいつでも変えられる」と明言しています。
ですから、以下に 述べるコメントも固定的に考えないで、現在はそのような傾向があるが、今後の自覚的な努力次第である程度変えることができるし、使い方も違ってくると判断してください。

診断の仕方について

以下の30の問いに「はい」は○、「どちらかといえば」を△、「 いいえ」は×を記入して行きます。
ライフ・スタイル診断グラフの記入した記号の点数をB欄に記載して、その点数で折れ線グラフを作ります。

次の質問についてA 欄に「はい」は○、「どちらかといえば」を△、
「いいえ」は×を 記入してください。

項目 A B
1 愛情のあかしは、何といっても物とか金銭の授受で示されるべきものと思う。    
2 ことがあるたびに誰かが手助けしてくれることを期待する。    
3 意識しないうちに他者に対して支配的になったり、高圧的になったりしていることがある。    
4 きちんとしたルールとか手順が定まっていないと安心して仕事ができない。    
5 この世で自分ほどみじめな者はいないと思うことがしばしばある。    
6 大きなことを夢見たり、企てたりすることが多い割には実行が伴わない。    
7 友達づくりはうまいが、どちらかというと長続きしない。    
8 他の人から無視されるのは、とてもこわい。    
9 人の意見をじっくり聞いて仕事を進めるよりも、自分のペースで取り組みたい。    
10 約束した時間はどんなことがあっても守らなければならないと思う。    
11 うまくいっている人のことを見るとうらやましくてうらやましくて仕方がない。    
12 仕事は興味があるとすぐ手をつけるが、そうでなければギリギリまで手をつけない。    
13 自分の利害得失がとても気になる。    
14 どちらかといえば甘やかされて育ったほうだ。    
15 何もしないでボーッとしているのが苦痛である。    
16 人づき合いはあまりベタベタしない方がよい。    
17 何かしようとしてまず思いつくのは悲観的な材料ばかりである。    
18 みんなで騒ぐのが好きで、途中でわけがわからなくなることもある。    
19 人が自分の期待に応えてくれないと腹を立てて攻撃しがちである。    
20 人が自分を保護してくれるのは自分が弱い人間だからだと思う。    
21 この世は結局競争だと思う。    
22 どちらかというと慎重なタイプで、失敗を人一倍恐れている。    
23 今後の未来に明るい見通しが感じられない。    
24 規則に縛られるのは居心地が悪く、退屈なことだと思う。    
25 自分が人々の注目の的であったり、話題の中心人物であったりすると満足だ。    
26 周囲の人の機嫌の善し悪しが気になり、機嫌が悪いと自分の責任のような気がする。    
27 自分は有能だと思っているが、ときどき無力感にひたることもある。    
28 文章を何度も書き直したり、読み返したりしないと気になって仕方がない。    
29 子どもの頃を振り返るとみじめなことや自分が犠牲になったことしか思い浮かばない。    
30 サイレンの音が聞こえるとすぐに外に飛び出したり、お祭りがあるとやたらと興奮するタイプだ。    

HUMAN GUILD ヒューマン・ギルド:ページの先頭へ戻る

ライフ・スタイル診断グラフ

(1)A欄に○をつけたら4点、△だったら2点、×だったら0点としてB欄に記入します。
(2)Bの点数を下記に転記した上で、No.ごとにB欄の合計点を足し算します。

No. 1   7   13   19   25  
点 数   +   +   +   +   =  
No. 2   8   14   20   26  
点数   +   +   +   +   =  
No. 3   9   15   21   27  
点数   +   +   +   +   =  
No. 4   10   16   22   28  
点数   +   +   +   +   =  
No. 5   11   17   23   29  
点数   +   +   +   +   =  
No. 6   12   18   24   30  
点数   +   +   +   +   =  

(3)イ、ロ、ハ、・・・それぞれの 合計点をグラフに印し。最後に折れ線で結びます。

折れ線グラフで一番点数の高いものに◎を付けてください。
さらに二番目のものに○を付けてください。
注目 したいのは◎です。以下の6つのニックネームのうち◎があなたの優位なライフ・スタイルです。平素はあまり意識していないかもしれませんが、追いつめられたとき、非常事態にはいずれかのライフ・スタイルが露わになるものです。
それぞれ、6つのニックネームを順に追って解説します。

Gタイプ

ゲッター(欲張りタイプ)

  1. 「他者は自分に奉仕して当然」という自己理想を持っている人です。
    依存攻撃型が特徴です。
  2. ギブ・アンド・テイクのうちテイクの要素が強く、自分の利害感覚に敏感です。
    金銭、モノ、人からの注目などに結構執着するところがあるかもしれません。
  3. 人をあてにしていて、その人が自分の期待に応えないと、腹を立てるようなところがあるかもしれません。
  4. 友人関係では、その人が自分に何をしてくれるかに関心が強いようですが、それだけでは長続きしません。自分から何ができるか考えることも必要です。
Bタイプ

ベイビー(赤ん坊タイプ)

  1. 「他者からの保護がほしい」という自己理想を持っている人です。
    受動依存型が特徴です。
  2. 自分の弱さを強調して、他者の援助、保護をあてにする傾向があります。
  3. 自分から積極的・能動的に他者に働きかけることをあまりせず、他者を頼りにして人生の課題に取り組まないことがあるかもしれません。
  4. それでいて自分は特別な取り扱いを受けるべきだと思っている面もありそうです。
  5. 他者の感情に敏感で、自分を人に合わせることができるので、目上の人に好かれ、縁の下の力持ちの役割ができる人のようです。
Dタイプ

ドライバー(人間機関車タイプ)

  1. 「私は優越でなければならない」という自己理想を持っている人です。
    「頑張り屋」「努力家」が特徴です。
  2. いつも一番になろうとしたり、人の上に立ち、優越することを目標にし 、中心人物になろうとする傾向があります。強引すぎると仲間が従ってきませんので、要注意です。
  3. 対人関係では、他者に対して支配的、権力的になりがちで、攻撃性も強いタイプかもしれません。
  4. よくも悪くも能動的 ・活動的なのですが、心のどこかに空虚感があり、この不安を打ち消そうとして頑張る面もあります。
Cタイプ

コントローラ(自己抑制タイプ)

  1. 「私は失敗してはならない」という自己理想を持っている人です。
    クール人間が特徴です。
  2. 時間をよく守り、身辺も清潔・身ぎれい、秩序やルールにも忠実な傾向があります。
  3. 滅多に感情的に自分を表現することがなく、他者からは冷静とか知的に見えるかもしれません。
    しかし、実体は感情的にならないのではなく、必死で感情を抑えようとしているかもしれません。
  4. 定まった手順で手堅く仕事をするタイプなので、突発的な出来事が起ると困惑することがあったり、他者から融通がきかないと見られたりすることがあります。
  5. 仕事は几帳面で正確です。任せて安心と思われるタイプです。
Vタイプ

ヴィクティム(犠牲者タイプ)

  1. 「私は無実の犠牲者だ」という自己概念を持っている人です。
  2. 自分の不利や不遇をアピールして人の同情を買おうとしたり、人を恨んだりする傾向があるかもしれません。
  3. 人生には悲観的で、マイナス要因を見つけるのが得意なタイプかもしれません。
  4. 時として自分がこんなに不幸なのは誰かのせいだとして攻撃的になることがあるかもしれません。
  5. 実際にはこのタイプはほとんど存在しません。
    不当な扱いを受けたりして一時的に高い点数になることがあるかもしれません。
    従って、この部分を除いた 二番目のところにあなたのライフ・スタイルがあると見られます。
Eタイプ

エクサイトメント・シーカー(興奮探しタイプ)

  1. 「私は興奮していたい」という自己理想を持っている人です。好奇心旺盛なのが特徴です。
  2. イベントとかお祭りのような騒ぎを楽しみ、わざと危ない目に合おうとしたりするのが好きで、度が過ぎて規則を破ることがあるかもしれません。
  3. 竜頭蛇尾のようで、最初は元気で勢いもありますが、途中であきてしまって気が乗らなくなる傾向があるかもしれません。
  4. そのため他者を混乱させたり、自分自身でも訳がわからなくなったりすることもありそうです。
  5. 好奇心旺盛で、遊び心があるためユニークな発想ができる人です。

診断の結果はいかがでしたか?

まずはご自分の性格を知ることで、その性格を変えることも可能になります。
アドラー心理学は、あなたの今ある長所を伸ばしながら、より良く生きられるように援助いたします。
性格を変えたい方にお勧めの講座は「アドラー心理学ベーシック・ コース」「SMILE(対人関係講座)」感情のコントロール法」「勇気づけのワークショップ」などのコースが用意されています。
どんな講座を受講したら良いかなど 疑問がございましたら、メールよりご一報ください。また性格に関する悩み、カウンセリングを受け付けております。


HUMAN GUILD ヒューマン・ギルド:ページの先頭へ戻る

HUMAN GUILD ヒューマン・ギルド Copyright (C) 2012 hgld.co.jp All Rights Reserved.

企業研修、心理学講座、カウンセリング、カウンセラー養成のヒューマン・ギルド トップページ

やりたいこと別一覧へ タイプG タイプB タイプD タイプC タイプV タイプE