法人様向け研修

ヒューマン・ギルドの法人様向け研修

ヒューマン・ギルドは、企業・自治体研修及び教育機関向け研修に関して多数の実績があります。 企業・自治体研修の多くは、リーダーシップ研修メンタルヘルス研修などの需要が高く、教育機関向け研修は、授業運営技法に関するセミナーなどのご要望をいただき、実施しております。

その他の分野でも依頼者のニーズに合わせた様々な対応が可能です。お気軽にご相談ください。

ごあいさつ

seminar_img01

ヒューマン・ギルドは、研修・講演に関して3つのユニークさを提供しております。

  1. 効果の持続する研修
  2. 意識改革・行動変革をもたらす研修
  3. 「勇気」「やる気」「活気」「元気」「本気」「根気」(5つの「気」)を高める研修

研修を受けてとかくありがちなのは「よかった」「感動した」の言葉を感想に書きながら、1週間もすると元の状態に戻り、日常生活に何の変化ももたらさないということです。このような研修は、私たちの望むものではありません。

アドラー心理学を中心とした心理学的なバックグラウンドを有するヒューマン・ギルドの講師陣は、その場だけを楽しくし、"ためになったような気がする"と漠然と感じさせるような、表面的な研修を超えて、効果が持続し、意識改革・行動変革につながる研修を提供しています。さらには、「勇気欠乏症」のこの時代に必要な「勇気」「やる気」「活気」「元気」「本気」「根気」を確実に高める研修を展開し実績を上げています。

当社研修の考え方

① アドラー心理学をベースとした研修

自己肯定感を高める「アドラー心理学の中心になる考え方」
当社は、全ての研修の基本的な考え方として、アドラー心理学(勇気づけ、共同体感覚)を導入しています。
アドラー心理学とは、相互尊敬、相互信頼による「勇気づけ」と「共同体感覚」を根底にした主に健常者の為の心理学であり、3つの特徴(自己決定性の心理学、目標追求の心理学、共感の心理学)を備えています。(※右記の図を参照)
企業や官公庁などの教育現場において、人間関係の構築や組織力向上が重要視されている現在、アドラー心理学は、とても有益であると認知されつつあります。
当社では、様々なヒューマンスキルの研修において、この心理学の要素を取り入れております。

アドラー心理学、勇気づけ、共同体感覚について、もっと知りたい方はコチラ

② 持続させる研修効果

研修効果が持続するには(1)

研修を受けた直後は誰しも教わったことを実践しようとしますが、多忙などの理由で、時間の経過とともにいつの間にか行われなくなり、元の状態に戻ってしまうという現象が、多々見うけられます。どうすれば、研修での学びを現場で持続させることができるのでしょうか。それには、3つの条件が必要だと考えられます。

1つめは「研修」という学びの場が、生活の場である職場と家庭で生かせること(仕組み)、2つめは「研修」という文化が職場(組織)や家庭の文化との間に、適度なギャップを保つこと(文化)、そして3つ目は、「研修」を受けた当人が、研修で受けたことを日常に生かそうとする意識を高く持つこと(モチベーション)です。当社の研修コンテンツは、これら3つの条件を重要視しております。

仕組み
研修効果が持続するには(仕組み)
当社の研修は、講師による「講義」、実施した演習等についての自分を語る「シェアリング」、実施した演習等についての相手を語る「フィードバック」、講師による「コメント」、そして「質疑応答」の5つを活用することで、研修の効果を生かすことができる仕組みとなっています。
受講生の立場では、LOOK(気づく)、THINK(考える)、DO(実践する)というプロセスを経て、「分かる」、「できる」ようになり、最後に「分かる→できる」を継続することで「身につく」ことにつながります。そして、職場だけではなく、家庭など生活の場においても生かすことで、持続を促します。
文化
研修効果が持続するには(文化)
この場合の文化とは、特定の共同体の価値観とそれに基づく行動パターンを指します。研修の文化と適用先の文化との重複する部分が大きい場合、当たり前すぎて確認のための研修にしかならなくなります。
一方、重複する部分が少なすぎると、あまりにも異質なイメージを受講生が感じてしまい、拒絶反応が起きてしまいます。適度なギャップがあることで、それぞれの文化の空白部分(足りない部分)を埋め合わせるモチベーションが向上し、理解度が高まります。
つまり、研修効果の持続に繋がるわけです。
モチベーション
研修効果が持続するには(モチベーション)
モチベーション(本人のやる気)を起こすために、はじめに“VISION ” (自分の夢・目標)を持たせ、次に“MISSION”( 自分に課せられている使命)を明確にし、そして、“DECISION” (決断)を行います。更に、やる気を起こすためには“PASSION” (熱い気持ち)を持つことが大切です。
このように、これら4つの「SION」を持って取り組む際には、場当たり的に行うことを避け、「VISIONまで行き着くために何をするのか」という、
道筋“LOGIC”をつけます。
その際に勇気、やる気、活気、元気、本気、そして根気をもって取り組むことで、 モチベーションが高まり、研修効果も持続されます。

法人様向け研修メニュー

講師紹介

講師の名前をクリックすると、各講師の紹介ページに飛びます。

岩井 俊憲 
(いわい としのり)
  宮本 秀明 
(みやもと ひであき)
  永藤 かおる 
(ながとう かおる)
岩井 俊憲   宮本 秀明   永藤 かおる

研修・講演実績  ※順不同

企業

NTT、NTTインターネット、KDDI、東邦ガス、広島ガス、日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命、富国生命、富士通、三井住友海上火災保険、アスモ、大塚製薬、ファイザー製薬、東京電力、中部電力、名鉄百貨店、イオン、西友ストア、三基商事、伊勢丹(現三越伊勢丹)、デンソー、かわねや、近畿コカコーラボトリング、冨士急行、仙台コカコーラボトリング、東武鉄道、名古屋鉄道、よつ葉乳業、博報堂、東急建設、京王建設、アフラック、住友軽金属工業、クボタ、トクヤマ、正田醤油、GAC、朝日信用金庫、茨城日立情報サービス、ヤマハ、キッコーマン、朝日新聞社、持田製薬工場、リクルート、アステラス労働組合、大同特殊鋼、埼玉トヨペット、石原産業、全農、CSLベーリング、ダイエー、東洋アルミ、三菱電機エンジニアリング、三菱東京UFJ銀行、TKC 日立製作所、遠州鉄道グループ、日立グローバルストレージテクノロジーズ、グリコ乳業、日本ガイシ など

公開セミナー受託機関

日本能率協会、日本経済新聞社、中小企業大学校(東京校・旭川校・直方校・三条校)
JIPMソリューション、朝日中小企業経営情報センター、CS研究フォーラム
朝日カルチャーセンター、地方公務員安全衛生推進協議会

自治体・公共団体、その他

全国自動車大学校・整備専門学校協会、大和商工会議所、弘前市商工会議所、宮崎県市町村振興協会、特別区職員研修所、新宿区、荒川区、品川区、中央区、豊島区、練馬区、渋谷区、千代田区、港区、板橋区、東京都水道局、横浜市水道局、神奈川県横浜市、神奈川県茅ヶ崎市、神奈川県平塚市、埼玉県和光市、新潟県五泉市、東京都青梅市、東京都瑞穂町、京都府城陽市、木更津市教育委員会、佐賀市教育委員会有明校区、和歌山県和歌山市、鹿児島県庁、新潟県庁、福岡県庁、防衛省共済組合本部、彩の国さいたま人づくり広域連合人材開発センター など

学校関係

東海大学、九州国際大学、札幌国際大学、嘉悦大学、いわき明星大学、産能短期大学、広島城北学園、國學院大學 など

※敬称略、順不同

※2013年4月現在

お問い合わせ

自己肯定感を高める「アドラー心理学の中心になる考え方」
担当 法人事業部 営業統括マネジャー 目次 心(めつぎ しん)
電話番号 03-3235-6741
FAX番号 03-3235-6625
メール info@hgld.co.jp
対応時間 月~金曜日 9時~17時30分(祝祭日休み)
コメント 「こういうことはできるのか?」などの疑問も含めて、お気軽に連絡ください。
誠心誠意、対応いたします!

HUMAN GUILD ヒューマン・ギルド:ページの先頭へ戻る

HUMAN GUILD ヒューマン・ギルド Copyright (C) 2012 hgld.co.jp All Rights Reserved.

企業研修、心理学講座、カウンセリング、カウンセラー養成のヒューマン・ギルド トップページ

やりたいこと別一覧へ